Return to site

全ページSSLにもう対応しましたか?

Google Chrome68からSSL(暗号通信)化していないページはURLバーに警告がでます。

· Webサイト・ホームページ,SEO

全ページSSL(HTTPS)対応が常識に

Google Chromeのバージョン68からSSL化していないページを表示した場合に、「保護されていない通信」という表示がアドレスバーの左側に表示されるようになりました。

これにより多くのホームページでSSL化を行いました。

保護されていない通信と表示されたURLバー

※「保護されていない通信」と表示されているChromeのURLバー部分

SSL(HTTPS)とは?

そもそもSSLとは、暗号化通信を意味します。

以前は、よくお問い合わせフォームなどの情報を入力するページだけに設定されていました。

ホームページを閲覧している情報を暗号化することでハッカー等に通信情報を盗まれないようにすることが目的で利用されています。

SSL(暗号化通信)の説明図
SSLに対応した場合のURLバー

SSLに対応したページでは、上記のように「保護された通信」という緑色の文字が表示されます。

全ページをSSL(暗号化通信)に

お問い合わせフォームなどのユーザーが情報を入力するページ以外もSSLに対応することで、どんなホームページを閲覧しているかといった情報も盗まれる心配がなくなります。

SEOにも有利に

Googleが開発したChromeブラウザがこのような対応になっていることからも読み取れるように、Googleは、全ページをSSLに対応することを推奨しています。

全ページSSLに対応したページのほうが非SSL(SSLに対応していないホームページ)よりもSEO上、有利に働きます。

※ただし、必ず非SSLのホームページより検索順位が上に来るとは限りません。様々な要因で検索順位が決まるからです。

しかしSEO上も、ユーザーにとっても、プラスに働くことは間違いありません。ぜひSSL対応を行いましょう。

本当にSSL対応できてますか?

SSL通信を行うには、下記2つの手順が必要です。

  1. ホームページの情報が入っているサーバーにSSLサーバー証明書と呼ばれるものをインストールする。
  2. URLのhttp://に「s」をつけて、https://のURLでブラウザからアクセスする。(もしhttp://でユーザーからアクセスされた場合に強制的にhttps://でアクセスし直させる設定も可能です。)

ただし、上記2つを行っても、正しく暗号化通信されない場合があります。

SSLでアクセスしても暗号化通信が正しく出来ていない場合のURLバー

このように「https」のURLでアクセスしているにもかかわらず、「保護された通信」という文字が表示されていない場合は、SSLが正しく対応できていません。

iマークを押すと表示される警告

URLバーの「i」マークを押してみましょう。上記のように「このサイトへの接続は完全には保護されていません」という赤文字の警告が表示されます。

すべての要素をhttpsで読み込む必要がある

ホームページは、画像やスタイルシートと呼ばれるレイアウトの情報、javascriptと呼ばれるスクリプトなど複数のファイルから構成されている場合があります。

こういったファイルをhttpsで読み込まれていないとこのような警告が表示されてしまいます。

ぜひChromeブラウザのURLバーを確認してみてください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly